こんな地下室が欲しかった

地下室ショールームの現在の様子
今でもこのように下地が見えるようにしてあります
新工法を採用すれば湿気の心配はなくなりますが、地下室をより快適なものにするためには自然 彩光や通風にも配慮する必要があります
地下室の彩光・通風を確保する方法としてもっとも一 般的なのはドライエリア(からぼり)を造ること
理想的には一個所ではなく通風を考慮して2 個所に計画すれば地上階と同じように快適な地下室を手に入れることができます
弊社ショールー ムも南北にドライエリアを設けております。
なお、初期のもくろみどうり除湿機を使わなくても 湿気の心配は全くありません。

工程目次 トップページ 次を見る


CopyRight Hikari Sekkei Associate
Last Update 2009/9/10